よくある質問FAQ

2014年2月3日作成
2014年7月31日更新

注目のFAQ★ とりわけ多く寄せられている質問をピックアップしています。

■グループ A でアンケートを回答しました。センターで WEB PARK から WEB PARK 2014 へのデータコピー作業が代行されるので、利用者側は何も行わなくても WEB PARK 2014 への移行作業が完了するとの理解で正しいでしょうか。

■データ移行を行いましたがエラーメッセージが出力されます
500error_02
■WEB のアクセス制限を自分で用意した .htaccess ファイルで行うことができますか。また、設定時に注意すべき点がありますか。

■WEB PARK 2014 の移行希望で、センターからのデータ移行を希望しました。センターが WEB PARK からデータ移行を行った old-park ディレクトリを WEB PARK 2014 の公開用ディレクトリ (/home/webparkNNNN/www) へデータコピーしましたが、以下の画面となります。どの様に対応すればよいでしょうか。
oldpark_error02
■WEB PARK 2014 へデータ移行を行いましたが、以下のような画面となります。
index_error02
■CGI・PHP の設置で注意すべき事項がありますか

■WEB PARK から WEB PARK 2014 への移行が完了したか確認したい

FAQカテゴリ
クリックすると最新順に内容が表示されます。

FAQ一覧
最新順の内容をご覧になりたい場合は上のカテゴリからご覧下さい。

■継続手続き期限を過ぎたら Internal Server Error が表示され、サーバへアクセスができなくなりました

継続手続き期限内に、所定の継続手続きを行なわなかった組織においては、サイトの公開停止とサーバパスワードの変更を行なっております。

継続手続き期限を過ぎてから

 - サイトで Internal Server Error が表示されるようになった
 - サーバにログインできなくなった

上記の症状が出ている場合はセンターにより停止措置が取られている可能性があります。 まずはセンターにご連絡ください。

■http://webparkNNNN.sakura.ne.jp/~tildeのようにチルダ(~)を含むURLでアクセスさせたいのですが、WEB PARK 2014ではそのような設定は可能でしょうか?

WEB PARK 2014 はさくらインターネットのレンタルサーバでサービスを提供しており、
サーバの設定変更による対応は行えません。
上記の設定については、利用者様にて .htaccess を設定することで対応をお願いいたします。
ご参考までに、.htaccesの設定例を以下に示します。


RewriteEngine On
RewriteRule ^~(\w+)$ /tilde/$1/ [P,QSA]
RewriteRule ^~(\w+)/(.*) /tilde/$1/$2 [P,QSA]

上記の例では、 ブラウザで http://webparkNNNN.sakura.ne.jp/~example にアクセスすると webparkNNNN:/home/webparkNNNN/www/tilde/example/index.html の内容を表示します。

■WEB PARK 2014 で提供しているサーバ (機能) は、さくら インターネットで提供しているプランであれば利用できるのでしょうか。

WEB PARK 2014 で提供しているサーバ (機能) は、さくらのレンタルサーバの「スタンダード」、「プレミアム」のみです。
上記以外でさくらインターネットが提供しているサービス (プラン) のご利用を希望される場合には、直接さくらインターネットへお申込ください。

■WEB PARK 2014 でさくらインターネットで提供している別 サービス (さくらの VPS、クラウド、専用サーバなど) を 利用したいのですが、センターで利用申込をすることは可能ですか。

WEB PARK 2014からの利用申込は行えません。「さくらインターネット」へ直接お申込ください。

■利用負担金の請求時期について教えてください。

WEB PARK 2014 の利用負担金請求については、WEB PARK 請求時期と同じく、「1月末締め、2月中の請求」を予定しています。
ただし本センターでは、各部局に対してまとめて内部移算による請求を行っております。
その後、部局から研究室などに利用負担金の請求等が行われると思われますので、請求時期などの詳細については、所属されている部局の会計担当者様までお問い合わせ下さい (本センターでは部局の会計手続きまでは把握しておりませんので、お問い合わせいただいても対応できません)。

■有料オプション(ラピッドSSL等)サービスは利用できますか

さくらインターネットのレンタルサーバで提供している「さくらの SSL サービス (ラピッド SSL 等の利用)」は WEB PARK では利用 (契約) できません。
さくらの SSL サービスなど、WEB PARK が提供していないサービスなどを利用したい場合には、直接さくらインターネットのレンタルサーバを契約してください (本センターにお申し込み頂いても対応できません)。

・さくらのSSL
https://ssl.sakura.ad.jp/

・WEB PARK 提供機能
http://webpark1750.sakura.ne.jp/elearnb/?page_id=100

■利用中止申請を行いたい (学外からの申請方法)

WEB PARK 2014 の利用中止申請は利用申請システムより行ってください。
また、既に東京大学を離職した等で、利用申請システムにアクセスできない場合には、 利用中止申請書にご記入いただき郵送してください。
詳しくはこちらの WEB ページをご参照ください。

■WEB PARK から WEB PARK 2014 への移行が完了したか確認したい。

WEB PARK から WEB PARK 2014 への移行が完了したかについては、利用者の皆様にてご判断いただく必要があります。
ただし、以下のような内容については、必ずご確認いただきますようお願いいたします (以下の内容については、あくまでも確認方法の一例としてご案内しております。各組織で、移行完了したかどうかの判断 (確認内容) は異なりますので予めご承知置きください)。

1. WEB PARK 2014 へのデータ移行作業を行ってください。
データ移行ガイドはこちらをご参照ください

2. WEB PARK 2014 のサーバ webparkNNNN.sakura.ne.jp:/home/webparkNNNN/www/配下の修正箇所が公開 URL で正しく表示されているかご確認ください。

1) http://park2010.itc.u-tokyo.ac.jp/組織略称※2014年7月31日以降は接続できません。
2) http://park2014.itc.u-tokyo.ac.jp/組織略称
3) http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/組織略称
4) http://webparkNNNN.sakura.ne.jp
5) http://設定した仮想ホスト
※5)は設定している人のみ対象

1) に反映された方→ 修正しているサーバはWEB PARKサーバの間違いです。切替が終わっていません。
4) に反映されない方→ 修正しているサーバが間違っています
2) 3) 4) に反映されたが5) が表示されない→ 仮想ホストの未設定か設定が未完了です。
2) 3) 4) 5) に反映された方→ 移行完了しています

3. WEB PARK と WEB PARK 2014 で表示される内容が同一であることをご確認ください。
表示される内容が同一でない場合には、以下の点についてご確認いただき、ご対応をお願いいたします。

●WEB PARK 2014では古いコンテンツが表示される
– WEBPARKでのみコンテンツを更新していることが考えられます。WEBPARK2014へ最新のデータをコピーし、表示される内容についてご確認ください

●WEB PARK 2014の設定に誤りがないかご確認ください
– WEBコンテンツが正しくWEB公開ディレクトリに設置されているかご確認ください。
– PHPやCGIなどが正常に動作しているかご確認ください。

4. 仮想ホストの設定などについてご確認ください。
現在運用中のホスト名で接続されているサーバがWEB PARK 2014サーバであることをご確認ください(運用しているサーバがWEB PARKサーバである場合には、WEB PARK 2014への移行作業を行ってください)。

(例)Windows端末で、IPアドレス(サーバ)を確認する方法

1. コマンドプロンプトを起動
2. nslookupコマンドでホスト名を指定(以下の例では、http://parktest.u-tokyo.ac.jpというURLでWEBサイトを運用している場合の確認方法を示す)


?:\> nslookup parktest.u-tokyo.ac.jp
サーバー : xxxx
Address : xxx.xxx.xxx.xxx.xxx

名前: parktest.itc.u-tokyo.ac.jp
Address:133.11.205.76
?:\>

3. 実行結果が133.11.205.76と表示されている場合には、
指定したホスト名で接続しているサーバはWEB PARK サーバとなっています。WEB PARK 2014への移行作業が完了しておりませんので、移行作業をWEB PARK 利用期限までに行ってください。

【ご注意ください】
移行が完了しているかをご確認いただくためには、正しくWEB PARKサーバまたは、WEB PARK 2014サーバに接続しているかを確認することが重要です。

WEB PARKサーバへのアクセス
※2014年7月31日以降は接続できません。
park2010.itc.u-tokyo.ac.jp
WEB PARK 2014サーバへのアクセス park.itc.u-tokyo.ac.jp

 

■本日WEB PARK 2014の新規登録通知書を受け取りました。WEB PARK 2014サーバにコンテンツをアップロードしてhttp://park.itc.u-tokyo.ac.jp/組織略称/でWEBサイトを表示させようとすると、以下の画面が出ます。

kirikae02

WEB PARK 2014では http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/組織略称/ へのアクセスを行うと http://webparkNNNN.sakura.ne.jp/ の内容を表示させるように設定しており、
この設定が有効になるのは新規登録日の翌朝からになります。
新規登録日当日にサイトを確認される場合は http://webparkNNNN.sakura.ne.jp/ の方をご利用ください。

 

■2014 年2月3日以降も WEB PARK のコンテンツを更新していました。WEB PARK 2014 のコンテンツも自動で更新されるのでしょうか。

グループ A の場合、2014 年 2 月 3 日早朝のデータを WEB PARK 2014 へデータコピーを実施していますが、
それ以降に更新されたデータについては、各自でデータコピーが必要となります

■グループ A で WEB PARK 2014 の移行を行いましたが、利用期限後に WEB PARK 2014 へデータコピーを行っていないファイル (コンテンツ) がありました。センターで WEB PARK 2014 へコピーを実施していただけないでしょうか。

グループ A で WEB PARK からの移行を希望された利用者様については、
2014 年 3 月 31 日 10:00 で WEB PARK の利用期限となっています。(利用期限の延長はできません)。
利用期限までに利用者様にて WEB PARK から WEB PARK 2014 へのデータコピーを実施していただく必要があります。
また、利用期限後に不足していたデータなどをセンターが各利用者様へデータコピー (移行) を実施することはありません

■グループ A で WEB PARK から WEB PARK 2014 への移行を希望しましたが、いつまでにデータ移行作業を完了させればよいでしょうか。

WEB PARK の利用期限は、2014 年 3 月 31 日 10:00 までとなっています。
WEB PARK の利用期限までにデータ移行作業を完了させてください。

なお、利用期限以降は、WEB PARK への接続 (WEB アクセスなど) やデータの 収集・取得などの作業はできなくなります。

 

■グループ A の利用期限は 2014 年 3 月 31 日 10:00 となっていますが、WEB PARK の利用期限を延長していただけないでしょうか。

利用期限の延長はできません。
2014 年 3 月 31 日 10:00 以降は、WEB PARK への接続 (WEB アクセスなど) はできなくなりますので、
必要なデータ (コンテンツ) や、WEB PARK と WEB PARK 2014 での表示比較など、
必要な作業は、利用期限までに実施してください。
参考:データ移行・確認作業について(グループA)

■ old-park のデータは WEB PARK の最新データでしょうか。

グループ A で移行を希望された皆様については、old-park ディレクトリに、
2014 年 2 月 3 日早朝のデータをコピーしています。

センターによるデータコピー実施後に、WEB PARK で更新した ファイルは、利用者様ご自身で WEB PARK 2014 (old-park) へ データコピー (移行) 作業を行う必要があります (センターに よる、ファイルの自動更新作業などは行っていません)。

■old-park にあるデータはいつまで保管されているのでしょうか。

利用者の皆様にて消去しない限り、保管されます。

■WEB PARK 2014 のデータ移行作業を、ほぼ終了したと考えているのですが、注意すべき点はありますか。

以下の点について、再度ご確認ください。

  • WEB PARK と WEB PARK 2014 で表示されている内容 (コンテンツ) が同じように表示されているかご確認ください。 特に、グループ A で、センターによるデータコピー作業実施後 (2014 年 2 月 3 日早朝以降) も WEB PARK でデータ更新作業を行っていた場合には、更新されたデータ (コンテンツ) を WEB PARK から WEB PARK 2014 へ利用者の皆様にてデータコピーを実施する必要があります。
  • DNS 設定が正しく行われていることをご確認ください。
  • 仮想ホストの設定が正しく行われていることをご確認ください。
  • ファイル転送ソフトウェアや、ホームページ作成ソフトウェアなどの設定を変更してください (サーバ名は、ユーザ名など、WEB PARK を利用するように設定されている場合があります。WEB PARK 2014 を使用するように設定を変更してください)。

■「XXXX」 というファイル転送ソフトウェアを利用したいのですが、利用可能でしょうか。

本センターでは、すべてのファイル転送ソフトウェアの動作確認・検証を行うことはできません。 お手数ですが、利用者の皆様にてご確認いただく必要があります。

■ WEB PARK 2014 でもホームページ作成ソフトウェアを引き続き利用可能でしょうか。

ホームページ作成ソフトウェアが利用可能かどうかについては、利用者の皆様で動作確認や検証作業をお願いしております。
ホームページ作成ソフトウェアを利用して、作成したコンテンツをサーバにアップロード (ダウンロード) を行っている場合には、WEB PARK 2014 サーバへ接続をするように設定変更を行う必要がある場合がありますので、ご確認ください。
※ソフトウェアの使用方法についてはサポート対象外となっておりますので、ご了承ください。

【参考】ホームページの公開(さくらインターネットサポートページ)

■ WordPress を利用したい場合には、どの様にすれば良いでしょうか

さくらインターネットでは、WordPress などについては、サーバコントロールパネルから簡単インストール機能などを利用してソフトウェアのインストールやアップデート作業ができます。
詳しくは、さくらインターネットのマニュアルをご覧ください。

なおWordPress の利用 (操作) 方法などについては、WEBや、書籍などでも紹介されていますので、ご利用になられる皆様にて解決するようにしてください。

【 参考 】http://ja.wordpress.org/

■WEB PARK で、WordPress を利用していましたが、古いバージョンのまま使用していました。WEB PARK 2014 では、最新版の WordPressを利用した方がよいのでしょうか

セキュリティ面などを考慮すると、最新版 WordPress のご利用をお勧めします
(事前にバックアップの取得を行うなど、十分な準備を行った上での作業を行ってください)。
※ 最新版の WordPress を利用する場合などは、設定ファイルやデータなどについて、事前にバックアップを取得し、
正常 に動作しない場合に備えた対応 (復旧)が できるような状態で作業を行ってください。
バージョンアップなどによる動作不良などの不具合に対して本センターでは対応できませんので、利用者様にてご対応いただく必要があります。

■データ移行を行いましたがエラーメッセージが出力されます

エラーメッセージの内容により、対応が異なります。
詳しくはさくらインターネットのWebページ ウェブページのエラーメッセージ をご覧ください。

500 Internal Server Error
500error

PHP、CGIなどを利用している場合、ファイルパーミッションやファイル名(拡張子)に制限があります。正しく設定されていることを確認して下さい。

403 Forbidden
.htaccessによるアクセス制限が正しく行われているかご確認ください。

■WEB PARK 2014へデータ移行を行いましたがエラーメッセージが出力されます

エラーメッセージの内容により、対応が異なります。
詳しくはさくらインターネットのWebページ ウェブページのエラーメッセージ をご覧ください。

500 Internal Server Error
500error

PHP、CGIなどを利用している場合、ファイルパーミッションやファイル名(拡張子)に制限があります。正しく設定されていることを確認して下さい。

403 Forbidden
.htaccessによるアクセス制限が正しく行われているかご確認ください。

■WEB PARK 2014 のサーバに SSH (SFTP) で接続するための fingerprintを教えて下さい

WEB PARK 2014 では複数のサーバで構成されています。
そのため、以下のいずれかが表示されます (2017 年 2 月現在)。

RSA2 key fingerprint

db:50:92:1b:8d:17:e2:f6:26:2c:bb:e6:47:89:40:fc

b3:46:ef:74:b9:a9:13:2f:03:f3:3c:09:bf:1d:61:30

57:a7:29:3a:78:c0:a8:f5:71:09:a1:2f:7d:47:3b:61

01:33:5c:92:35:85:c8:d3:ff:0c:6f:ca:54:0d:29:1f

d7:a0:c0:50:6a:a9:5f:f9:51:45:5f:f5:b3:3a:fb:e8

ea:72:63:3a:89:1f:02:dc:d0:4b:31:cb:cb:03:4e:b9

79:a0:15:95:a1:d1:bc:b3:87:c9:08:f4:05:09:34:b0

dd:4d:19:2a:11:44:cb:d2:c7:40:03:42:b0:c6:36:d4

1b:5b:d7:e3:60:8d:48:09:b6:95:62:c6:fa:48:23:18

de:ae:fd:99:bb:68:aa:76:26:0a:f2:d0:15:73:21:c7

0c:3a:d9:1e:10:52:c5:ff:4a:e8:2c:28:e1:92:3a:1c

15:fb:fe:81:a0:ce:ce:b7:a8:23:ab:83:69:46:2c:14

2a:5b:a4:1b:ed:6c:14:17:db:c3:64:6c:b6:da:3a:ce

6c:46:a9:4a:3b:8b:8a:c8:c2:d5:7a:8f:81:00:82:b6

d8:94:bc:5d:1a:c4:a4:95:03:db:22:64:33:18:95:5a

ab:78:8a:1a:6d:96:ed:c1:f9:8b:95:9c:c2:1b:51:02

4a:80:aa:96:b9:53:8e:35:a3:38:6c:a4:13:f3:4c:88

34:59:b4:13:59:ee:06:c9:e9:b3:75:f7:d5:ff:ca:7e

23:c5:00:42:a9:16:48:7d:29:2a:fc:73:a0:c1:e5:9d

14:1d:46:6c:94:97:41:8a:a5:d7:5b:90:b9:a8:b6:28

8e:1f:cb:2f:19:eb:eb:cb:4e:d8:cb:6e:ec:3c:89:56

25:71:d1:b5:d3:c5:10:73:b9:af:a1:c9:e7:4d:33:2f

41:9d:b5:3c:3a:42:32:36:5a:e3:7e:cd:85:b3:43:ea

f1:f2:67:2a:09:75:d3:82:d1:6d:49:07:1a:0c:82:d8

84:1f:37:cd:61:f4:f5:1e:15:b0:45:8c:f8:7e:f1:ca

a7:35:72:b9:6d:dd:68:52:42:67:7d:de:5e:cc:f2:72

c7:e7:f8:bc:e6:3f:10:15:52:d5:79:b7:1a:d8:f2:4b

■いままで park.itc.u-tokyo.ac.jp へ WinSCP でサーバ接続していましたが、以下のメッセージが出力されましたが、問題ないでしょうか。また、「はい」と応答しましたが、ログインできなくなりました。

winscp_error2014 年 2 月 20 日以降、DNS 設定を変更し、park.itc.u-tokyo.ac.jpで接続されるサーバは、WEB PARK 2014 サーバへと変更されています。WEB PARK へ接続する場合には、park2010.itc.u-tokyo.ac.jp と指定してください。
2014年7月31日10:00以降、WEB PARK サーバへの接続はできません。

■WEB ページを表示しようとしたら、以下の表示となりました。

 

kirikae01_2kirikae022014 年 2 月 20 日に、DNS 設定を変更し、「park.itc.u-tokyo.ac.jp」で接続していたサーバは WEB PARK 2014 へと変更されました。
引き続き、WEB PARK のコンテンツを表示させたい場合には、DNS 管理者に、CNAME から A レコード(133.11.205.76)への変更処理を依頼し、登録作業をお願いいたします。

詳しくは以下をご覧ください。
移行概要 (グループ B-1)
移行概要(グループB-2)

■2014 年 8 月以降のWEB PARK 2014 の URL についておしえてください。

WEB PARK 2014 の URL については変更ありません。
ただし、WEB PARK (park2010) への接続はできなくなります。

■ http://www.xxx.yyy.u-tokyo.ac.jp/ という URL でウェブサイトを 構築したいが、さくらインターネットのサーバコントロールパネルの「新しいドメイン追加」のページの「ドメイン名」には何を入力すれば良いですか?

www.xxx.yyy.u-tokyo.ac.jp を入れることを推奨します。特に

・ xxx.yyy.u-tokyo.ac.jp というドメインを管理する DNS サーバが存在する
・ user1@xxx.yyy.u-tokyo.ac.jp のメールアドレスで、MailHosting などWEB PARK 2014 以外のメールサービスを利用

といった場合は、必ず www.xxx.yyy.u-tokyo.ac.jp を入力してください。

なお、DNS に登録すべき内容については、よくある質問「仮想ホストを使う場合は DNS に何を登録すればよいですか?」をご覧下さい。

仮想ホストの設定方法については仮想ホスト設定ガイド(PDF)をご参照ください。

■SSI の利用で注意すべき事項がありますか

以下の点にご注意ください。
詳しくは、さくらのレンタルサーバマニュアル「CGI・PHP・SSI について」をご覧ください。
なお、本センターでは、動作確認や設定変更などは行えませんので、利用者の皆様にてご対応をお願いいたします。

  • ファイル拡張子は .shtml または .shtm としてください
  • 絶対パスによるプログラムの指定はできません

■WinSCP でファイルパーミッションの確認、変更方法について教えてください。

WinSCP で確認したいファイルを選択し、
[右クリック]-[プロパティ] とすることで、パーミッション情報の確認、変更することができます。
くわしくは、WinSCP のヘルプ (Web ページ) をご覧ください

■CGI・PHP の設置で注意すべき事項がありますか

以下の点にご注意ください。詳しくは、さくらのレンタルサーバマニュアル「CGI・PHP・SSI について」をご覧ください。
なお、本センターでは、動作確認や設定変更などは行えませんので、利用者の皆様にてご対応をお願いいたします。

  • ディレクトリのパーミッションは 755 または 705 としてください
  • ファイルのパーミッションを 755 または 705 としてください
  • 拡張子は以下のとおり設定してください。
    CGI の場合、.cgi
    PHP の場合、.php
  • .htaccess に Options の指定がないことを確認してください。
    .htaccessファイルのoptionsの記載削除を行わないとCGIが動作しません。詳しくはこちらをご覧下さい。

[ CGI 利用時にはご確認ください ]
suEXEC という機能を使っているため、CGI 自体にプログラム上 の問題がなくても、ファイルやディレクトリの所有者以外に書込み権限が与えられているとエラーとなります。
さくらのサポート情報「基本仕様」も参考にしてください。

 

 

■拡張子 .html や .htm のファイルを PHP として動かすにはどうしたら良いですか?

【注意】上級者向けの対処法です。同じ方法で今後も利用できるとは限りません。PHPプログラムでセキュリティ上の問題が発生した場合は自ら対処が必要なため、あまりお勧めしません。

さくらインターネットが提供しているサーバ上の PHP プログラムを、/home/webparkNNNN/www 以下にコピーして、これを用いる方法があります。
以下ではターミナルソフトウェア(Mac のターミナル や Windows の Tera Term など) を用いた場合を想定しています。

1. サーバ上の CGI 版の PHP を /home/webparkNNNN/www 以下にコピーする
% cp /usr/local/php/5.4.22/bin/php-cgi ~/www/php.cgi

2. コピーしたプログラムのパーミッションを 705 に変更
% ls -l ~/www/php.cgi
-rwxr-xr-x 1 webparkNNNN users 29382553 Feb 12 00:11 /home/webparkNNNN/www/php.cgi

% chmod 705 ~/www/php.cgi
% ls -l ~/www/php.cgi
-rwx—r-x 1 webparkNNNN users 29382553 Feb 12 00:11 /home/webparkNNNN/www/php.cgi

3. .htaccess で拡張子 .html のファイルで、コピーした php.cgi を用いるように設定
動かしたいファイルがあるディレクトリ(または上位のフォルダ)内の .htaccess に以下の2行を追加
Action myphp-script /php.
cgi AddHandler myphp-script .html

■PHP を使いたいのですが、何か手続きや設定が必要でしょうか?

2013年5月まで WEB PARK では,PHP の利用に当たってセンターに利用申請が必要でしたが、
WEB PARK 2014 では不要です。
また、コンテンツの置き場所となる /home/webparkNNNN/www 以下では既にPHP が利用可能になっており、
特別な設定(例えば WEB PARK で案内していた “AddHandler php-last .php” や一般的にPHPの利用時に必要とされる “AddType application/x-httpd-php .php” など) も不要です。
詳しくは「CGI・PHP・SSI について」 をご覧下さい。

■ディレクトリ(フォルダ)内のファイルの一覧を表示させないためには、どうしたら良いですか?

一般に用いられる “Options -Indexes” を .htaccess に追加することは出来ません.具体的な方法は「.htaccess によるアクセス制御 」をご覧下さい。
なお,2014年2月まで運用してきた WEB PARK から移行した方の中には、
.htaccess に Options の行が含まれている場合があるかと存じます。Options の行は削除或いはコメントアウトして下さい.

■WEB PARK 2014 の移行希望で、センターからのデータ移行を希望しました。センターが WEB PARK からデータ移行を行った old-park ディレクトリを WEB PARK 2014 の公開用ディレクトリ (/home/webparkNNNN/www) へデータコピーしましたが、以下の画面となります。どの様に対応すればよいでしょうか。

oldpark_error

WEB コンテンツが /home/webparkNNNN/www 以下に設置されていません。

WEB PARK 2014 では、公開用ディレクトリに設置されたファイル (コンテンツ) を WEB 公開します。
上の図 にある表示となった場合には、センターがWEB PARK から移行を行ったデータを保管していたディレクトリ「old-park」をそのまま Web 公開領域に設置したため、上記の画面 (old-park) が表示されます。
公開用ディレクトリには、WEB PARK で公開していたコンテンツ(index.htmlなど)を設置するようにしてください。
詳しくは、『WEB PARK 2014 データ移行ガイド』の「5.移行したデータを Web 公開領域に移動する」など、再度ご確認ください。

■WEB PARK 2014 へデータ移行を行いましたが、以下のような画面となります

index_error

WEB コンテンツが /home/webparkNNNN/www 以下に設置されていないことが考えられます。

WEBコンテンツがWeb公開領域に正しくデータ移行(設置)されていることを確認して下さい。
WEB PARK 2014 データ移行ガイドの「5.移行したデータを Web 公開領域 に移動する」など、再度ご確認ください。

■仮想ホストを使う場合は DNS に何を登録すればよいですか?

WEB PARK 2014仮想ホスト設定ガイド をご覧下さい。
※さくらインターネットのレンタルサーバのサービスにおいては,利用開始時から登録されている初期ドメインとは別に独自ドメインを追加する場合に相当します。
ただし、同一のホスト名(ドメイン名)で、MAILHOSTING 又は他のメールサーバをお使いの場合はこちらのFAQをご覧下さい。

 

■事務用計算機システムから、WinSCP を用いてファイル転送を行うことができません。

東大内で事務用端末でご利用になられる場合には、学外へのアクセスが制限されているため、
WinSCP による外部接続はご利用いただけません。事務用端末でご利用可能な FileZilla をご利用ください。

■MAILHOSTING 又は他のメールサーバでメールドメイン (@ より右の文字列) として使っている xxx.yyy.u-tokyo.ac.jp を、WEB PARK 2014 の仮想ホスト名 (仮想ドメイン)として利用できますか。利用できる場合はどのように DNS に登録すれば良いですか。

利用できますが、あまり推奨しません
以下の例や、さくらインターネットのマニュアル「ドメインを利用(他社で取得・管理のドメイン)」を参考に DNS 登録処理などをお願いいたします。

【 例 】xxx.yyy.u-tokyo.ac.jp を使う場合

さくらインターネットのマニュアル「ドメインを利用(他社で取得・管理のドメイン)」では、
yyy.u-tokyo.ac.jp の DNS サーバに xxx の NS レコードとしてさくらインターネットの 2 つの DNS サーバを登録することが推奨されています。
WEB PARK 2014 と他のメールサーバを使う場合は、NS レコードの変わりに以下の登録を DNS サーバ管理者に依頼してください。

●A レコードとして、利用サーバの IP アドレスを登録してください
(利用申請システムにおいて、ご利用のサーバ情報として表示されるホスト名より IP アドレスを nslookup コマンド等でご確認ください) 。
参考 :
サーバ情報の確認方法
自分の PC などでアクセス制限を行っています。さくらインターネットで割り当てられたサーバのIP アドレスを許可したいのですが、許可する IP アドレスを教えてください。

●MX レコードとして、お使いのメールサーバのホスト名を登録してください。

なお、WEB PARK 2014 で利用しているさくらインターネットのレンタルサーバでは、登録した独自ドメイン宛のメールを受け取る機能が自動的に有効になり、これを無効にする方法がありません。

前記で示したように、上位ドメインの DNSサーバで MX レコードとしてお使いのメールサーバを登録することで、通常インターネット上から送られてくるメールはメールサーバに届きます。
しかし、お使いのサーバ上で動作する sendmail プログラムを用いたメール送信時には、そのメールが当該サーバ上に送られます。

例えば、メールフォーム (ウェブサーバにアクセスした利用者に対して問い合わせなどを入力させ、その内容を管理者にメールで送信する仕組み) などの CGI では sendmail プログラムを使う場合があるため,メールが届かない場合があります。

■連絡担当者を 2 名以上登録したいのですが、登録方法を教えてください。

WEB PARK 2014 より連絡担当者様の登録は 2 名となっています。
利用申請システムにて「備考」欄に連絡担当者様 (氏名、身分をご記入ください) を追加していただければ、本センターへのお問い合わせ時には、連絡担当者様からのご連絡として対応いたします。
ただし、本センターからのメール連絡等については、連絡担当者様1、2のみとなります。

■WEB PARK では連絡担当者を 2 名以上登録できたのですが、WEB PARK 2014では 2 名までしか登録できないのでしょうか。

WEB PARK 2014 より連絡担当者様の登録は 2 名となりました。

こちらも併せてご参照ください:
■連絡担当者を 2 名以上登録したいのですが、登録方法を教えてください。

■さくらインターネットのコントロールパネルにログインできません。

さくらインターネットのコントロールパネルにログインする場合に必要な作業用アカウント名は利用申請システムで確認できます。

 ドメイン名
  利用申請システムで確認した作業用アカウント名に sakura.ne.jp を
  追加して入力してください (webparkNNNN.sakura.ne.jp。NNNN は数
  字 4 桁)。
 パスワード
  作業用パスワードを入力してください。

■さくらのコントロールパネルにはログインできましたが、同じ作業用アカウントでは WinSCP などでサーバにログインすることができません。

さくらインターネットのサーバや、コントロールパネルにログインする場合に必要な作業用アカウント名は利用申請システムで確認できます。
ただし、コントロールパネルにログインする際には、以下のとおり、ドメイン名 (sakura.ne.jp) を加え入力する必要があります。
なお、サーバにログインする際に利用するアカウント名は、webparkNNNN です。

コントロールパネルへのログイン

  ドメイン名
   利用申請システムで確認した作業用アカウント名に sakura.ne.jp を
   追加して入力してください (webparkNNNN.sakura.ne.jp。NNNN は数
   字 4 桁)。
  パスワード
   作業用パスワードを入力してください。

  サーバへのログインには webparkNNNN (数字 4 桁) を使用します。

■WEB PARK 2014 への移行 (グループ A) を希望し、サーバを確認しましたが、データ移行が行われていないようです。

グループ Aの場合、WEB PARK 2014 へは /home/webparkNNNN/old-data へ WEB PARK のデータをセンターにてコピーを行っております。
WEB PARK 2014 ではコンテンツ保存場所として、/home/webparkNNNN/www へのデータコピー (移行) 作業が必要です。
詳しくは、WEB PARK 2014 移行ガイドにあります手順書等をご確認 ください。

■自分の PC などでアクセス制限を行っています。さくらインターネットで割り当てられたサーバの IP アドレスを許可したいのですが、許可する IP アドレスを教えてください。

以下の手順にて IP アドレスをご確認ください。

  1. 利用申請システムより割り当てられたサーバ名をご確認ください。
  2. 割り当てられたサーバ名より nslookup コマンド、dig コマンドを利用することで、IP アドレスを調べることができます。
  3. 調べた結果 (IP アドレス) を許可するホストに追加、ご確認ください。

※ nslookup コマンド、dig コマンドなどの詳細 (コマンドの利用方法、オプション、実行例など) については WEB などでも調べることができますのでご確認ください。

■WEB PARK 2014 のサーバ情報に関する連絡が来ていません

2014 年 1 月 31 日、2 月 3 日に連絡担当者様あてに WEB PARK 2014 サーバ情報の確認方法についてのご案内をメールにてお送りしております。
なお詳細はこちらにてご案内しております。

■ park-SSLでの利用でアクセス制限を行いたいと考えています。どの様に設定すればよいでしょうか

park-SSL のコンテンツを設置するディレクトリに、.htaccess ファイルを設置 (設定) してください。  設定方法については、こちらをご確認ください (WEB PARK 2014 への移行を希望された利用者様については、移行時にセンターにて設置済み)。

■park-SSLで利用するディレクトリに、.htaccessファイルがあります。設置 (設定) した記憶がありませんが、こちらで何を制限しているのでしょうか (WEB PARK から WEB PARK 2014 への移行希望を行った利用者様限定)。

センターが設置した park-SSL を経由したアクセスのみ許可する設定を行っています。学内限定にする場合などは、本ファイル (.htaccess) を修正してください

■ park-SSL を利用する上での注意 (制限) 事項など、ありますか。

park-SSL を利用する組織 (WEB サイト) へのアクセスは、本センターが運用する park-SSL のサーバを経由するため、実際にそのサイトを訪れるクライアントが世界中のどこからアクセスする場合でも、WEB サイトには park-SSL からのアクセスとして取り扱われます。
従って、Apache のモジュール mod_access によるアクセス制限はでき ません。

  • アクセスログやエラーログに記載されるクライアントの IP アドレス も park-SSL の IP アドレスになります。
  • センターが設置した park-SSL を経由したアクセスのみ許可する設定を行っています(.htaccess)。

■park-SSL の利用申込を行いましたが、park-SSL で公開するコンテンツの保存場所などに制限がありますか。

park-SSL のコンテンツは /home/webparkNNNN/www/park-ssl に保存する 必要があります。詳しくはこちらでご確認ください。

■グループCでアンケートを回答しましたが、やはりWEB PARK 2014を利用したいと考えています。どの様な申請をすれば良いですか?

こちらより新規利用申込を行ってください。但しその場合、組織略称を新しくご指定頂く必要がございますのでご注意ください。

■間違えて2アカウント(2台分)申し込んでしまいました。

利用申請システムより利用中止申請を行ってください。その場合、利用負担金は1アカウント(1台分)として処理させて頂きます。

■利用申請システムのアカウント、パスワードがわかりません

WEB PARK 2014へ新規でお申込された方

利用申請システム用のアカウント情報は新規ご利用登録完了時にセンターからお送りした通知書に記載されています。パスワードをご自身で変更したが忘れてしまった、通知書を紛失した等でご不明な場合はこちらをご覧の上、連絡担当者より再発行を申請してください。

旧サービスWEB PARKからWEB PARK 2014へ移行された方

旧WEB PARK利用者管理者システムと同じログイン名、パスワードが設定されています。 こちらのログイン名 (パスワード) が不明な場合には、再発行処理が必要ですので、こちらをご覧の上、連絡担当者より申請してください。

■利用申請をしたい組織が属している部局には経理を担当する部署がなく、他部局に処理を依頼しています。こういった場合、支払責任者として誰を届け出れば良いのでしょうか?

依頼先の部局の事務担当者の方を「支払責任者」として届け出てください。

(利用組織と支払責任者の部局は、必ずしも同一である必要はありません)

■申請書の「支払責任者」の欄には、研究室の予算を管理している先生や秘書さんの名前を書けば良いのですか?

いいえ、違います。WEB PARK サービスの利用負担金は内部移算でお支払いいただきます。その処理の関係上、予算執行の責任を有する事務担当者の方を「支払責任者」として届けていただく 必要があります。研究室が属している部局(学部・研究科・センター等)の経理課長、司計課長、会計係長などのお名前を記入してください。

■ 「連絡担当者は2名以上」となっていますが、新しい組織なので人が居ません。1名ではダメでしょうか?

連絡担当者が1名ですと、その方が居ない時に全く連絡が取れなくなってしまいますので、必ず2名以上でお願いしています。

■日本語ファイル (ディレクトリ) 名が文字化けしてアクセスできない。

日本語ファイル (ディレクトリ) を削除したい場合には さくらインターネットにファイル削除してもらいますので、こちらのメールフォームまたはpark2014-support[at※]itc.u-tokyo.ac.jp (※送信時に@に変えて下さい)宛にメールで削除したい日本語ファイル (ディレクトリ) 名などをお知らせください。

■今回の調達で 3 年間は「さくらのレンタルサーバを利用する」とのことでした。 3 年後にも、今回と同様にデータ移行作業などを行う必要があるでしょうか。

申し訳ありませんが、現時点で 3 年後の対応についての正式なご回答をすることは出来ません。
ただし、一般的には、3 年後にも本センターが WEB ホスティングサービスを提供する場合には、今回と同様の調達手続きを行い、サービス提供 (事業) 者を決定することになると思われます。
そのため、サービス提供 (事業) 者や提供するサービス内容によっては、今回と同様に利用者様によるデータ移行作業などを行って頂く可能性はあります。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

■「xxx ソフトウェア」を利用したいのですが、インストールや、利用方法などを教えてください。

ソフトウェアのインストールや操作・利用方法などの問い合わせについて、本センターでは対応しておりません。WEB 上で公開されている各種情報、書籍、マニュアルなどを参考の上で、解決するようにしてください。

■さくらインターネットへ直接質問できますか

はい。さくらインターネットへ直接問い合わせをすることができます。 ただし、以下の点にご注意下さい。

■さくらインターネットと直接契約に切替た場合、注意すべき点がありますか。

すでに WEB PARK 2014 をご利用されている場合には、別途さくらインターネットと契約いただいた上で、WEB PARK 2014 利用中止申請していただければ対応可能です。ただし、その場合 WEB PARK 2014 サーバからのデータ移行が必要となります。サーバのデータコピー、設定変更等ユーザ作業となります。

■「さくらインターネット」と直接申込した場合の違いについて教えて下さい。

「さくらインターネット」へ直接申込を行った場合と、センター経由で利用申込を行った場合の主な違いについては、以下をご覧ください。

【主な違い】

WEB PARK 2014 (センター) で申込を行った場合 さくらのレンタルサーバへ直接申込を行った場合
利用負担金 さくらインターネットへ直接申込を行った場合のほうが安価 (同一コースで比較した場合) WEB PARK 2014 より安価で利用することが可能
請求 (支払) 方法 現在の WEB PARK と同様 (年度末一括払) さくらインターネットの指定する方法でのお支払となります
問い合わせ (窓口・対応)

サービス内容や利用申請システム、利用負担金、パスワードの再設定についてはセンターサポート窓口へお問い合わせください。
技術的な問い合わせについては直接さくらインターネットへお問い合わせ下さい (電子メールでのみ対応。電子メールには、会員 ID の記述が必要ですが、問い合わせ方法については、こちらをご確認ください)。
なお、技術的な質問についてもセンターサポート窓口でも受付いたしますが、調査・回答できない内容などについては、さくらインターネットへ展開します。

さくらインターネットの問い合わせ窓口

また、「park-SSL サービス」は WEB PARK 2014 独自サービスです。そのため、「park-SSL サービス」をご利用になられる場合には、WEB PARK 2014 サービスをご利用ください。

■センターを経由することなく、「さくらインターネット」と直接契約することは可能ですか。

可能です。

ご所属の組織のポリシーと照らし合わせて問題が無ければ、 さくらインターネットや他の業者との直接契約もご検討ください。

 

■センターの WEB ページでは記載 (紹介) されていない機能についても、レンタルサーバでは記載されています。こちらの機能についても利用することは可能でしょうか。

可能です。
ただし、センターが WEB PARK 2014 として提供してしている機能以外については、本センターサポート対象外となりますので、トラブル等の対応は行いません。WEB PARK 2014 の提供機能の範囲でのご利用をお願いいたします。

■WEB PARK 利用者ですが、引き続き WEB PARK 2014 への移行 (切替) を希望します。どの様な申込 (手続き) が必要ですか。

連絡担当者様宛に WEB PARK 2014 への移行希望調査を実施しています。
WEB PARK 2014 への移行 (切替) を希望される方は、2013 年 11 月 18 日までに、移行希望調査の「新サービス (WEB PARK 2014) へのご利用を希望する」旨の回答をお願いします。

■WEB PARK 2014 への移行時にセンターでのデータコピーを希望します。どの様な申込 (手続き) を行えばよいでしょうか。

現在、連絡担当者様宛にお送りしている WEB PARK 2014 への移行希望調査に必要事項をご記入・ご回答ください。
なお、データコピーを希望される場合には、以下の点についてもご確認ください。

  • 2014 年 2 月上旬のデータを WEB PARK 2014 へデータコピーを行います
  • 2014 年 2 月 20 日までに動作確認を行ってください。また、仮想ホスト・DNS 設定等についての変更を行ってください
  • 2014 年 3 月 31 日に WEB PARK のアカウントを停止します

■センターでのデータコピーで対象となるディレクトリについて教えてください。

センターで実施するデータコピー (対象ディレクトリ) は以下の通りです。ただし、ファイル名に 2 バイト文字を使用しているなど、対象外となる部分もありますので、詳しくはこちらをご確認ください

  • /data/www/docs/組織略称
  • /data/www/docs-ssl/組織略称 (SSL を利用している場合)
  • /data/home/作業用アカウント 1
  • /data/home/作業用アカウント 2
  • /data/home/作業用アカウント 3

【 データコピーのイメージ 】

■新規に WEB PARK 2014 の利用を希望します。新規利用受付はいつから開始されますか

こちらより新規利用申込を受け付けております。
お申込の前に、こちら(お申込からご利用開始までの流れ)も併せてご確認ください。

■WEB PARK 2014 への移行調査期間中に回答しませんでしたが、データコピーを希望します。センターによるデータコピーを実施して頂けますか。

申し訳ありませんが、センターによるデータコピー作業はできません。

2014 年 2 月の WEB PARK 2014 サービス開始後に利用者様にてデータコピーをお願いいたします。

■年度内に申込コースを変更することはできますか。

利用負担金が増額となる変更は可能です (利用負担金額が減額となる変更も受け付けますが、利用負担金額の減額は行われません)。

申請方法につきましてはこちらをご参照下さい。

■WEB PARK 2014 の申込を考えていますが、現 WEB PARK のディスク容量を確認したいと思っています。どの様に確認すればよいでしょうか。

WinSCP (Windows 環境)、Cyberduck (Mac 環境) で確認することができます。各ソフトウェアの利用法などについては、マニュアル等でご確認ください。

【注意】
WEB PARK では、以下のディレクトリが利用可能となっています。
現在使用中のディスク容量を確認するためには、以下のディレクトリすべての容量の合計値で確認する必要があります。

  • /data/www/docs/組織略称
  • /data/www/docs-ssl/組織略称 (SSL を利用している場合)
  • /data/home/作業用アカウント 1
  • /data/home/作業用アカウント 2
  • /data/home/作業用アカウント 3

■標準 WEB サービスを利用していますが、ディスク容量が不足しています。ディスク容量を追加したいのですが、どの様な申込を行えばよいでしょうか。

ディスク容量の追加だけを行うことはできません。標準 WEB サービスで提供しているディスク容量以上が必要となった場合には、大容量 WEB サービスに変更・申込を行う必要があります。
ただし、利用申込コースを変更する場合には、以下の点についてご注意ください。

  • 標準 WEB サービス (スタンダード) と大容量 WEB サービス (プレミアム) では、提供しているサーバが異なっています
  • そのため、申込 (サービス) コースが変更になった場合には、現在利用中のサーバから別サーバへと変更になり、データ移行が必要です
  • データ移行は利用者ご自身で行っていただく必要があります

変更申請につきましてはこちらをご覧ください。

■WEB PARK での利用条件 (利用内規) と WEB PARK 2014 では、利用条件等の変更はありますか

WEB PARK 2014 の利用条件は、現状の WEB PARK の利用内規が引き続き適用されます。

■WEB PARK 2014 では、利用できるアカウント数が “1” となっています。 利用できるアカウントを増やすことはできますか。また、増やす場合に、追加プラン (オプション、利用負担金の増加) などはありますか。

WEB PARK 2014 では、”1″ アカウントのみ利用可能です。アカウント数を追加するなどのプラン (オプション) はございません。

■グループ分けするとのことですが、どの様な基準、考え方でグループ分けされているのでしょうか。

WEB PARK から WEB PARK 2014 への移行時期や、仮想ホストを利用しているか否かでグループ分けを行っています。グループ分けについては、こちらについても、ご確認ください。

■グループ A でアンケートを回答しました。センターで WEB PARK から WEB PARK 2014 へのデータコピー作業が代行されるので、利用者側は何も行わなくても WEB PARK 2014 への移行作業が完了するとの理解で正しいでしょうか。

利用者様にて作業を行う必要があります。具体的な内容については、今後公開予定の手順書などこちらのマニュアルをご確認ください。

  • 情報基盤センターが WEB PARK から WEB PARK 2014 へデータコピーを行うのは、一部のデータだけです。
  • WEB PARK から WEB PARK 2014 へデータコピーが可能なファイル (ディレクトリ) のみコピーを行います
  • データベースやアクセスログなどは、利用者様にてコピー (移行) する必要があります
    情報基盤センターが行うデータコピーの対象については、利用者説明会資料をご覧ください
  • WEB PARK 2014 で WEB 公開を行うためには、WEB PARK からデータコピーしたデータ (コンテンツ) を WEB PARK 2014 の WEB 公開領域 (/home/webparkNNNN/www/) にデータをコピー (移動) する必要があります。
  • データコピー (移行) したデータ (コンテンツ) が正しく表示されるか確認する必要があります。

■WEB PARK から WEB PARK 2014 へデータコピーされたデータを WEB 公開領域にコピー (移動) する方法について教えて下さい。

WEB 公開領域にデータコピー (移動) する方法としては、以下の方法があります。移行に関する手順書などを今後公開する予定ですので、こちらのマニュアルでご確認ください。

  • サーバに直接ログインして、データコピー (移動) する
  • WinSCP などのソフトウェアを利用してデータコピー (移動) する

■データ移行時には、「パスの修正が必要」との事でしたが、具体的には、どの様なことでしょうか

現在の WEB PARK で公開しているデータ (コンテンツ) の中にディレクトリ情報や、URL をフルパスで記述している場合には、修正が必要です。

具体的な例として
データ (コンテンツ) に以下のような記述をされている場合には、変更が必要です (青文字部分が WEB PARK と WEB PARK 2014 では異なるため、そのままでは、エラー (存在しない) となり、正常に表示されない)

 /data/www/組織略称/xxxx/xxxx.html といった記述が含まれている場合は、修正が必要

■WEB PARK 2014 移行に関するアンケートを実施しているとの事ですが、すでに回答している内容について、変更したいと考えています。変更したい場合には、どの様にしたら良いでしょうか

アンケート締め切り前であれば、何度でも内容を変更することができます。
WEB ページや、利用者説明会資料などをご参照いただき、利用者様の利用目的に応じた WEB PARK 2014 のご利用形態をご検討ください。

■WEB PARK 2014 移行に関するアンケートの終了後に申込内容を変更することは可能でしょうか。

WEB PARK 2014 移行に関するアンケートでは、WEB PARK 2014 の借入数や、WEB PARK から WEB PARK 2014 へのデータコピー数などの作業量、契約数を決定しています。
そ のため、アンケート終了後にディスク容量が変更となる申込変更 (お知らせ) を頂いた場合には、申込内容の変更については承りますが、ディスクコピー作業については、大変申し訳ありませんが利用者様作業でお願い致します (グループ A で申込されていた場合、グループ B として取り扱い致します)。
なお、「park-SSL サービス」については、適宜受付を行う予定です。

■WEB PARK 2014 で提供される「park-SSL サービス」のみを利用したいのですが、申込は可能でしょうか。

「park-SSL サービス」だけの利用申込はできません。
本サービスは、「標準 WEB サービス」・「大容量 WEB サービス」をご利用の皆様が利用できるサービスです。

■WEB PARK 2014 の利用説明会では、「仮想ホストを複数持てる」とのことでした。 例えば、現在 WEB PARK で複数の利用申込を行っています。これらの複数の申込を WEB PARK 2014 の一利用申込だけで利用 (統合) することも可能でしょうか。

具体的な内容 (利用目的) にもよりますが、さくらのレンタルサーバが提供している「マルチドメイン」設定を行うことで実現可能かと思われます。
「マルチドメイン」に関する具体的なサービス内容、設定方法については、「さくらのレンタルサーバ」で提供しているマニュアルに記載されておりますので、こちらをご確認ください。

■現在 WEB PARK で利用している組織略称について変更したいと考えています。このような場合、どの様に手続きを行えばよいかお知らせください。

新規利用扱いとなります。事前に本センターまでご相談ください。

■WEB PARK のデータベース試行サービスの停止日時を教えてください。

データベースサービスは終了しました。

データベースサービス終了日は 2014 年 2 月 20 日 10:00 です。サービス終了 (停止時刻) までにデータベースの移行・確認、バックアップを含めたすべての作業を完了するようお願いいたします。

■ WEB PARK で提供されているのデータベース試行サービスの停止日時を延長できませんか

申し訳ありませんが、延長することは出来ません。

■データベースの移行作業はいつまでに行えばよいでしょうか

WEB PARK で提供しているデータベースサービスは、2014 年 2 月 20 日 10:00 でサービス終了となります。サービス終了までに、データベースの移行やデータバックアップ作業などの必要な作業を完了するようお願いいたします。

  • WEB PARK 2014 へのデータ移行、データベースの挙動に関する検証などは、データベースサービス終了 (2014 年 2 月 20 日 10:00) までに完了するようにお願いいたします。
  • WEB PARK 2014 への移行が困難・移行しない場合などには、データベースサービス終了後に対応できるように、データバックアップの取得など、移行時に必要とする作業を事前に実施するようお願いいたします。

■WEB PARK で作成した日本語ファイル名のファイルが転送できない。

WEB PARK 2014 上で利用できる文字には制限があります。ファイル (ディレクトリ) 名は半角英数の別名ファイルとして作成 (変更) して、WEB PARK 2014 上へ転送してください。

■ ファイル名などに使用できる文字に制限などはありますか。

アルファベット (a~z、A~Z)、数字 (0 ~ 9)、ハイフン (-)、ピリオド (.)、アンダーバー (_) が利用可能です。詳しくは、さくらのレンタルサーバマニュアルを参照してください。

■ ディスクの使用状況について確認する方法はありますか。

サーバコントロールパネルにより確認することができます。詳しくは、さくらのレンタルサーバマニュアルを参照してください。

■ センターによるデータバックアップなどを行っていますか。

センターによるデータバックアップなどは取得しておりません。また、さくらインターネットでも、「公開用サーバのデータを複数のディスクに書き込む (RAID1)」、「定期的なサーババックアップ」は行っておりますが、これらは、サーバ自体の障害からの復旧に備えるためのものであり、利用者が誤って 消したりしたデータを復旧させるものではありません。
従いまして、(利用者) データなどについては、利用者の皆様にて定期的にバックアップを取得するなど、お願いいたします。

■cron は利用できますか。

利用可能です。詳しくは、さくらのレンタルサーバマニュアルを参照してください。

■cron の設定方法について教えてください。

サーバコントロールパネルまたは、サーバログインして設定することが可能です。詳しくは、さくらのレンタルサーバマニュアルを参照してください。

■ファイルのパーミッションが変更できない

root 権限を持っていないため情報基盤センターでも変更出来ません。情報基盤センターより、さくらインターネットに変更作業を依頼する必要がありますので多少時間がかかります。

■WEB PARK 2014 では、さくらのレンタルサーバを利用するとの事でした。東京大学で借り入れる機器については、WEB PARK 2014 サービス利用者だけでレンタルサーバを占有利用するのでしょうか。それとも、東京大学以外の利用者とサーバは共有して利用することになるのでしょうか。

共有されるとお考えください。

■サーバに直接ログインすることは可能ですか。

SSH ログインが可能です。

■サーバにログインしましたが、作成した以外のファイル・ディレクトリがすでに存在しています。これらのファイルについては、削除しても問題ないでしょうか。

初期状態で、複数のファイル・ディレクトリが用意されています。これらのファイル・ディレクトリは、レンタルサーバを利用する上で必要となるものです。ま た、一部のファイルについては、センター管理者が設置 (更新) したファイルもありますので、消さないようにしてください。詳しくは、さくらのレンタルサーバマニュアルも参照してください。

■公開鍵認証によるサーバログインを行いたいのですが、設定方法について教えてください。

公開鍵認証は、秘密鍵と公開鍵の 2 つの鍵を使用する認証方式です。まず、秘密鍵・公開鍵を作成したうえで、公開鍵をサーバ上 (~/.ssh/authorized_keys) に保存してください。
詳しくはこちらをご参照ください。

■データ転送 (ftp) のアクセス制限はできますか。

.ftpaccess の設定で ftp のアクセス制限が可能です。

参考:.ftpaccess でFTP接続元を制御する

http://support.sakura.ad.jp/manual/rs/others/ftpaccess.html

■「.ftpaccess」の記述方法を教えてください。

さくらのレンタルサーバマニュアルを参照してください。なお、設定には十分ご注意ください。誤った設定を行いますと、本来接続許可すべき接続元から、接続できなくなります。

■パスワード認証による学外からのコンテンツアップロードは可能でしょうか。 また、公開鍵認証方式によるコンテンツアップロードを行った方が良いのでしょうか。

WEB PARK 2014 では、コンテンツアップロード、WEB アクセスなどについて、利用者様で設定変更を行わない限り、アクセス制限は行われておりません。従って、パスワード認証によるコンテンツアップロードも可能ですが、公開鍵認証によるコンテンツアップロードを行うことを推奨いたします。

公開鍵認証の設定方法は こちら(公開鍵認証)

■情報基盤センターでサポートのために、公開鍵登録を行うとの事でした。誤って登録されている鍵情報を削除してしまった場合、情報基盤センターからのサポートは受けられなくなるのでしょうか。また、情報基盤センターへの連絡は行った方が良いのでしょうか。

お手数ですが、連絡担当者様から以下の内容を情報基盤センターまでご連絡ください。
サポート用公開鍵登録の手順をご案内いたします。また、情報基盤センターがログイン可能となるまでは、サポートできなくなる (サポート内容が制限される) 可能性がありますので、速やかにご連絡いただきますようお願いいたします。

【 連絡担当者様よりご連絡ください 】
・ 利用組織名、連絡代表者様名
・ アカウント名
・ 公開鍵を消した旨のご連絡
・ その他 (「情報基盤センターで登録した鍵情報だけ消した」など、注意事項などについてご連絡ください)

■WEB サーバ環境について、教えてください。

こちらまたは、さくらのレンタルサーバマニュアルを参照してください。

■WEB PARK 2014 では、東大の URL は利用できますか

“http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/組織略称” の URL をご利用可能です。
また、仮想ホストと DNS の設定をしていただければその他の学内 URL も利用可能です。

■さくらインターネットの URL でアクセスさせない事はできますか?

mod_rewrite の設定でさくらインターネットの URL にアクセスした場合に、他の URL のリダイレクトする設定が可能です。

■WEB サイトに関して、学内限定のアクセス制限はできますか?

mod_rewrite、.htaccess の設定でアクセス制限が可能です。

■WEB のアクセス制限を自分で用意した .htaccess ファイルで行うことができますか。また、設定時に注意すべき点がありますか。

「.htaccess」を設定 (作成) することでアクセス制限することが可能です。

.htaccess の記述例についてはこちらもご参照ください。
【 park-SSL コンテンツ保存場所に .htaccess ファイルを設置 (アクセス制限)】
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/組織略称/ での利用の際にアクセス制限をするための .htaccess の記述例 】

ただし、Options の指定はできません (「Internal Server Error」※下図参照 と表示される場合があります。誤った設定を行うとアクセスできなくなる場合がありますので、十分ご注意ください)。
500error
詳しくは、さくらのレンタルサーバマニュアルを参照してください。

■「mod_rewrite」を使ったアクセス制御は可能ですか。

可能です。詳しくは、さくらのレンタルサーバマニュアルを参照してください。

■アクセスログ管理を行いたいのですが可能ですか。

可能です。センター標準値 (初期設定) は、ログの保存期間を 1 年として設定していますが、サーバコントロールパネルより設定変更することも可能です。詳しくは、さくらのレンタルサーバマニュアルを参照してください。

■アクセスログ、エラーログを参照したいのですが、保存されていますか。また、どの程度保存されていますか。

WEB PARK 2014 のアクセスログ、エラーログは、/home/アカウント/log 配下に保存されます。
センター初期値として、ログの保存期間は 1 年間と設定されていますが、サーバコントロールパネルで設定値を変更することも可能です。
ディスク容量が制限値に近付いた場合には、ログの保存ができなくなる場合がありますので、ご注意ください。

WEB PARK 2014 (※) WEB PARK
/home/webparkNNNN/log
access_log_[日付]
error_log_[日付]
/var/log/httpd/組織略称/
access_log{1,2}
error_log{1,2}-YYYY-MM-DD.gz
  • ログはテキスト形式で保存されます
  • 前日分のログは gzip で圧縮されて提供されます
  • アクセスログは翌日以降に提供されます

■アクセスログ解析を行いたいのですが、解析ツールは提供されますか。

アクセスログ解析ツールとして、さくらのレンタルサーバには Webalizer が導入されています。Webalizer の利用方法などについては、WEB上で公開されている各種ドキュメントや、書籍、さくらのレンタルサーバマニュアルなどでご確認ください (WEB PARK で提供していた AWSTATUS は提供されません)。

■SSL (https:// ~) 通信は可能でしょうか

WEB PARK 2014 では以下の 2 形態で SSL 通信機能を提供しています。目的等に応じて選択してご利用ください。

共有 SSL によるご利用

  • “https://webparkNNNN.sakura.ne.jp/” でアクセスで可能
  • さくらインターネットが用意した SSL 証明書が利用できます
  • 利用にあたっては、追加の利用負担金はありません (各自が共有 SSL の設定を行うことでご利用が可能となります)

「park-SSL サービス」によるご利用

  • “https://park-ssl.itc.u-tokyo.ac.jp/組織略称/” でアクセス可能
  • 情報基盤センターが用意した SSL 証明書が利用できます
  • 利用にあたっては、「park-SSL サービス」利用申込が必要です (追加の利用負担金 (10,000 円/年額) が必要です)

■WEB PARK 2014 サービスについて検討していますが、「park-SSL」サービスについても申込を行った方が良いのでしょうか。

現在 WEB PARK で SSL 通信 (サービス) をご利用なられていない場合には、現時点において、利用申込を行う必要はありません。
今後 SSL 通信を必要とした場合に、ご利用目的などをご検討頂いた上で「park-SSL」が必要であれば、利用申込を行っていただきますようお願いいたします。

■(移行調査期間中に) park-SSL サービスの申込を行いませんでした。 park-SSL サービスを追加で申込することは可能でしょうか。その場合、いつまでに利用申込を行えばよいでしょうか。

追加の利用申込は可能です。
基本的には、park-SSL の追加利用申込については、随時受け付けております。ただし、利用にあたっては、別途追加の利用負担金が必要となります。

■「共有 SSL」と「park-SSL」、どちらを申込 (利用) したら良いでしょうか。 また、「共有 SSL」と「park-SSL」の違いについて教えてください。

SSL 証明書の利用目的に応じて選択してください。

【主な違い】

  共有 SSL park-SSL
証明書 さくらインターネットが用意した証明書 情報基盤センターで用意した証明書
アクセス webparkNNNN.sakura.ne.jp park-ssl.itc.u-tokyo.ac.jp/組織略称
利用申込 不要 (各自で設定) park-SSL の利用申込が必要
利用負担金 追加なし 10,000円/年額
違い さくらインターネットを利用していることを証明。
ただし、WEB PARK 2014 利用者であるか、さくらインターネットと直接契約されてるかは確認できません
情報基盤センターが提供しているサービスを利用していることを証明。
(情報基盤センターが取得した証明書は、WEB PARK 2014 (学内サービス)での提供のみ)
  1. SSL 暗号化通信を目的とする場合
     「共有 SSL」、「park-SSL」でも暗号化通信を行う点での違いはありません。
     よって暗号化通信機能を利用するのが目的であれば、「共有 SSL」を利用した方が追加の利用負担金不要で利用することができます。

  2. 情報基盤センターによる、WEB サイトの実在を証明することを目的とした場合
     「共有 SSL」の場合、さくらインターネットが取得したサーバ証明書を利用します。
    さくらインターネットで取得した証明書は、さくらインターネットで提供されているサーバであることを証明できますが、さくらインターネットで提供されて いるサーバ群で証明書は共有されていますので、情報基盤センターのサービスである「WEB PARK 2014 を利用しているサーバ」の証明とはなりません。
     「park-SSL」を利用した場合には、「情報基盤センター」で取得したサーバ証明書を利用します。
    「park-SSL」を申込を行った利用者様のみが「情報基盤センター」が発行した証明書を利用することが可能ですので、「情報基盤センター」が確認した、「WEB PARK 2014」利用者であることを証明することになります。

■(作成した) CGI を利用することは可能ですか。

利用可能です。

■CGI を利用するにあたっての注意事項などはありますか。

CGI プログラムの利用などでサーバに高負荷をかけている場合などがあった場合は、CGI プログラムの停止、利用制限、利用権限の停止が行われる場合があります。プログラム実行の際には十分ご注意ください。

【参考】
さくらのサポート情報「CGI・PHP・SSI について」
さくらのサポート情報「PHP・CGIに関するよくある質問」

■CGI を設置するディレクトリ (場所) 情報を教えてください。

/home/アカウント名/www/ 以下に CGI を設置してください。CGI を利用する場合の詳細については、さくらのレンタルサーバマニュアルにて説明しています。こちらをご確認ください。

■CGI が動作しません。

設置場所、ファイルのパーミッションが適切に設定されているかプログラム (内) のパスが正しく設定されているかなどをご確認ください。さくらのレンタルサーバの「CGI・PHP・SSI について」FAQ などについてもご確認ください。

■CGI プログラムを作成したいのですが、作成方法について教えてください。

プログラムの作成方法や、動作・挙動確認 (debug 作業) などについては、問い合わせ (サポート) 対応しておりません。WEB上で公開されている各種ドキュメントや、書籍、マニュアルなどをご確認のうえ、解決するようにしてください。

■データベースソフトウェアとして、何が利用可能でしょうか。

MySQL が利用可能です。

■WEB PARK 2014ではPostgreSQL は利用可能でしょうか。

利用できません。

■データベースを利用する上で注意することはありますか。WordPress を使ったサイトを作成しようと考えていますが、データベースの設置 (作成) 可能な個数に制限はありますか。

データベースの作成数・使用量 (目安) が申込コースにより異なります。

・標準 WEB サービス (スタンダード) 20 個
・大容量 WEB サービス (プレミアム) 50 個

詳しくは、こちらにあります「データベース環境 」、または、さくらのレンタルサーバマニュアルを参照してください。

■データベース管理ツール (phpMyAdmin) は利用可能ですか。

利用可能です。

■データベースで利用している (データベース) 容量について確認する方法はありますか。

MySQL (5.x) を利用している場合は、サーバコントロールパネルで確認することができます。また、phpMyAdmin でも確認することができますので、詳しくはさくらのレンタルサーバマニュアル、phpMyAdmin ユーザマニュアルなどにてご確認ください。

■ディスクの使用量 (制限) には、データベースで利用している容量についても含まれますか。

含まれます。

■データベースを使った「xxx について検索を行いたい」、「SQL 文の書き方」について教えてください。

センターでは、データベースの利用方法や SQL 文の記述方法などについてサポートしておりません。WEB上で公開されている各種ドキュメントや、データベースに関する書籍 (マニュアル・解説書) などが出版されておりますので、ご確認ください。

■利用可能なソフトウェア (CMS) で、WordPress などが紹介されています。利用方法について教えてください。

WordPress や XOOPS Cube は、サーバコントロールパネルからインストールすることで利用可能となります。詳しくは、さくらのレンタルサーバマニュアルを参照してください。な お、WordPress などのソフトウェアについて、利用方法などは、サポート対象外となりますので、WEB 上で公開されている各種ドキュメントや、書籍、マニュアルなどでご確認ください。

■WordPress を使ってコンテンツ作成をしたいのですが、どの様に作成すればよいですか。

WordPress の利用 (操作) 方法などについては、WEBや、書籍などでも紹介されていますので、ご利用になられる皆様にて解決するようにしてください。

【 参考 】http://ja.wordpress.org/

■XOOPS Cube を利用したいのですが、利用可能でしょうか。

利用可能です。サーバコントロールパネルから XOOPS Cube をインストールしてください。詳細は、さくらのレンタルサーバマニュアルを参照してください。なお、XOOPS Cube の機能や操作方法などについては他のソフトウェアと同様、WEB上で公開されている各種ドキュメントや、書籍、マニュアルなどでご確認ください。
【 参考 】http://xoopscube.jp/

■Web アプリケーションファイアウォール (WAF) は利用可能ですか。

利用可能です (標準では利用しない設定となっています)。ご利用の場合には、サーバコントロールパネルより設定してください。詳しくは、さくらのレンタルサーバマニュアルを参照してください。

■WAF を利用するにあたっての注意事項等はありますか。

さくらのレンタルサーバマニュアルの「前提条件・注意事項」などご確認ください。

■データベースの容量は、ホームディレクトリのディスク容量に含まれるのでしょうか。

データベースの容量は、ホームディレクトリのディスク容量には含まれません。ただし、データベースの利用には、以下のような制限 (使用量の目安) があります。詳しくは、「さくらのレンタルサーバ」で公開されているマニュアルなどをご覧ください。

  • 標準 WEB サービス
    作成個数 20 個。容量 500 MB。
  • 大容量 WEB サービス
    作成個数 50 個。容量 1 GB。

 

 


WEB PARK 2014 サービスについてご不明な点は

「お問い合わせ(学内限定サイト)」を参考にお問い合わせ下さい。