提供機能

2014年2月3日作成
2016年12月15日更新

WEB PARK 2014 では、さくらインターネット のレンタルサーバを利用します。提供される機能については、以下の表および、さくらインターネットのWEBページをご覧ください (WEB PARK 2014 で利用申込を行ったコースにより提供される機能に違いがあります)。
レンタルサーバでは、WEB PARK 2014 仕様以外の機能についても提供されています。こちらの機能についてもご利用は可能ですが、WEB PARK 2014 仕様には含まれていないため情報基盤センターでは、サポートいたしません。

サービス名称

サービス名称
センター
『WEB PARK 2014』
標準WEB サービス 大容量WEB サービス park-SSL
サービス
さくらインターネット
『さくらのレンタルサーバ』
スタンダード プレミアム

主なサーバ環境

・OS 環境

OS FreeBSD
ログインシェル csh (tcsh)、bash
リモートアクセス SSHv2 接続 (パスワード、公開鍵認証方式 ※ )、sftp
FTP (.ftpaccess による接続制限も可能)、FTPS
文字コード EUC-JP (ujis)
cron の利用 可能
テキストエディタ vi、emacs
ホームディレクトリ /home/アカウント名
WEB サーバソフトウェア Apache 2.2.x
SSL の利用 可能
WEB 公開ディレクトリ
(ドキュメントルート)
/home/アカウント名/www/
アクセスログの保存 可能 (センター初期値は 12 ヶ月に設定)
エラーログの保存 可能 (センター初期値は 12 ヶ月に設定)
ログ保存ディレクトリ /home/アカウント名/log/
アクセス制限 .htaccess により設定可能
mod_rewrite の利用 可能
アクセス解析ツール Webalizer
転送量 (目安) 申込コースによって転送量 (目安) が異なる
標準 WEB サービス (スタンダード)  80 GB/日
大容量 WEB サービス (プレミアム) 120 GB/日
ディスク容量 申込コースによってディスク容量が異なる
標準 WEB サービス (スタンダード) 100 GB
大容量 WEB サービス (プレミアム) 200 GB

※ 障害、問い合わせ対応のためにセンター管理者がログインすることがあります。
そのため、センター管理者がログイン可能な公開鍵を登録しています (~/.ssh/authorized_keys
に公開鍵情報を追加しています) ので、削除しないようお願いいたします。

・プログラム、ソフトウェア環境

Perl (バージョン) 5.14.x
Ruby (バージョン) ○ (1.8.x)
Python (バージョン) ○ (2.7.x)
PHP (バージョン) ○ (5.6.x、CGI モード)
WordPress ○ (※ 利用者がインストールすることで、利用可能)
XOOPS Cube ○ (※ 利用者がインストールすることで、利用可能)
WAF (SiteGuard) ○ (※ 利用者が設定することで、利用可能)
・監視対象プロトコル : HTTP、HTTPS
・ログの保存期間   : 3 ヶ月
・ログの保存件数   : 1,000 件

・データベース環境

ソフトウェア MySQL 5.5
データベース管理ツール phpMyAdmin
文字コード EUC-JP (ujis)
SQLite の利用
データベースの作成数 申込コースによって作成可能数が異なる
標準 WEB サービス (スタンダード) 20 個
大容量 WEB サービス (プレミアム) 50 個
データベースの使用量 (目安) 申込コースによって利用可能な使用量 (目安) が異なる
標準 WEB サービス (スタンダード) 500 MB
大容量 WEB サービス (プレミアム)  1 GB

WEB PARK 2014 サービスについてご不明な点は

「お問い合わせ(学内限定サイト)」を参考にお問い合わせ下さい。